応用生命科学専攻イメージ 応用生命科学専攻イメージ 応用生命科学専攻イメージ 応用生命科学専攻イメージ 応用生命科学専攻イメージ 応用生命科学専攻イメージ

専攻の特徴

 応用生命科学専攻では、生命がどのような仕組みで生まれ維持されているのかを化学の視点から分子・細胞レベルで理解するとともに、その成果をバイオテクノロジーとして利用し、健康で快適な生活の実現に貢献することを目指して研究がすすめられています。

 現在私たちには、環境の劣化を防ぎながら食糧・エネルギーを確保し、生活の質を向上させて行くことが求められています。この困難な課題を解決するために、生物が持つ能力を高度に利用することが今後ますます重要になると考えられます。応用生命科学専攻では微生物、植物、動物を含む広汎な生物を対象とし、物理化学、有機化学、生化学、分子生物学、細胞生理学等を基盤とした研究・教育を通じ、生命現象の深い理解に立脚した独創的な技術を開発し得る研究者・技術者の養成を目指しています。